キャッシングとローンのの大きな違い

9 7月 2015 by infra, No Comments »

キャッシングに必要な借金の情報

キャッシングをする時には、貸金業者から消費者の借金の情報に関する審査が行われます。
こうした借金の情報は信用情報という特殊な情報に記載されており、この情報は消費者金融のような貸金業者であるのならばどこの会社であっても閲覧することが出来るのです。
消費者金融の審査の特徴は、銀行などの大手の金融機関と比べて審査の基準が簡単であるということです。
簡単な審査で構わないようになっているのは、最初から消費者の借金の情報を調べることが出来るからに他なりません。
信用情報には、キャッシングの申し込みにやってきた消費者がどの程度の借金を現状で抱えているのかが詳細に書かれています。
それだけではなく、それまでにどこの消費者金融でキャッシングの申し込みの相談をしたのかなども書かれているため安易に消費者金融に対して電話をすることも避けた方が良いです。
借りるときには、特定の会社と決めてからすぐに融資の申請をしたほうが賢明です。
その方が、審査に通りやすくなります。

キャッシングとローンのの大きな違いとは

お金の借り方には、キャッシングやローンなどさまざまな方法がありますが、これらの借り入れ方法の違いとは一体何なのでしょうか?

1・キャッシング
融資をする会社(消費者金融や銀行など)が決めた融資限度額以内なら何度借り入れが可能な上、借りる際の担保や保証人が要らないことが挙げられますが、融資限度額はそれほど高くはなく金利も高く設定されていますし、基本的には一括払いです。

2・ローン
ローンを組むたびに審査を受けたり担保が必要になります。長期的な分割支払いで返済していくことができ、金利も低く設定されていますが、目的(住宅建設や車購入など)がない限り組むことができません。

キャッシングの方が短期的にお金を借りるのに向いていますが、最近ではキャッシングローンという、担保もいらない上に分割での支払いが可能という便利な支払い方法もありますが、便利な分返済計画をきちんと自分で立ててから返済していかないと、後々返済できず他のキャッシングに手を出してしまうこともありますので、返済計画を立ててから借り入れをするようにしましょう。

Leave a Reply

Follow Me!

Follow Me! Follow Me! Follow Me! Follow Me!

Search

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー